福岡旅行2日目その1 旧志免鉱業所竪坑櫓

シェアする

1日目その4より続く

年明けで深夜まで騒いだため
元旦はゆっくり、ホテル1Fのビストロで食事して

お昼前頃にホテルを出発。

今日の第一目的地「旧志免鉱業所竪坑櫓」に向かいます。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

福岡空港の近くのなので本当は初日にチャチャッと訪問予定でしたが
天気が良くなかったので、2日目に延期していました。

それが功を奏して天候は晴れ!

IMG_0317

この産業遺構も
昨日の2物件と同じく炭鉱跡

IMG_0328

昨日の分は鉄製の櫓(やぐら)でしたが、こちらは鉄筋コンクリート製の櫓で
櫓自体の高さがスゴイ!

約47メートルあるそうです

IMG_0370

昨日の宮原坑・万田坑はワイヤーを巻き取る機械が
櫓とは別に(隣の建物)にあったのですが、ココはこの巨大な櫓の高層部に設置されているワインディングタワーと呼ばれる形で、戦前に建設されたもので現存しているのは、世界でも3ヶ所だけとのこと。

戦時中に建設された建物ですが
閉山まで終始一貫して国営だったこともあり
採算度外視でガッチリ作ってある印象。

ただ、コンクリートはあちこち剥離していて
劣化は確実に進んでいます。
昨年行った針尾送信所のコンクリートが全く痛みが無かったのとは
対照的ですね

IMG_0338

老朽化した櫓の周囲はフェンスでガッチリガードされており
しかも、現在は「志免町総合福祉施設シーメイト」の中にあり、公園で遊ぶ親子を始めたくさんの人がいるので、不法侵入(笑)できるわけもなく、周囲から撮影。

今まで行った廃墟(産業遺構)の中で一番廃墟感がなく
弁当持って、気軽に出かけたくなるような、さわやかな空間でした。

IMG_0346

周囲には石炭(なのか?)が展示されてたり

IMG_0352

IMG_0353

IMG_0347

IMG_0349

いくつかの坑口も保存されていました。

ちなみに最後の写真の左側に少し写り込んでいる丘は
ボタ山のようです。

写真的には全くセンス無い仕上がりでしたが
晴れの日に撮れてよかった!

2日目その2へ続く

福岡旅行まとめ

1日目

2日目

3日目