CBR1000RR 次期モデル

シェアする

8耐で、ヤマハの新型R1にコテンパンにやられたCBR1000RR

ホンダにとって8耐で優勝することが、
MotoGPでタイトルを獲る事の次に、プライオリティーが高いと言われていますので
このままではマズイはずなんですが、次期モデルの噂が一向に出てきませんね・・・

そんな中、250のコンセプトモデルが東京モーターショーに出品されるようです

d0244687_14134457

なかなかかっこいい

最近の傾向でいくと
250から1000までCBRシリーズのデザインのテイストは
共通するものになってきていますので1000の方も、こんな雰囲気になるのでしょうか?

来年の8耐までは、どうにかGPライダー招致で乗り切るとして
再来年登場が濃厚か??

楽しみにしておきましょう(買うことは無いと思いますが)

CBR1000RRといえば
旧型のSC57までは、比較的簡単に国内仕様をフルパワー化できましたが
現行のSC59型からは、メーカーの考え方も変わって
フルパワー化が容易ではありませんでした。

そこで
奈良県のバイクショップ「RISE」さんが
配線加工なしに取り付けできるフルパワーユニットを開発。

12039553_818982478227946_2549830431246703724_n

かなりの数を出荷しているようで完売したみたい
(次のロットも制作するということなので、まだ買えますよ)

私も取り付けていますが
安価でパワーアップできるので、とても助かっています
というより、コレがなければこのバイクを購入することはなかったと思います

そういう意味ではRISEさんには感謝しかありません。

これ
国内仕様のCBR1000RRの売上にも
だいぶ貢献してると思うのだけど・・・
ホンダから表彰されてしかるべきでは???

私がCBR1000RRを購入して、もうすぐ3年になりますが
未だにブログのアクセスは、
フルパワー化に関する記事が連日トップ

皆さん関心があるのですね