S-1GP OKINAWA STAGE R5参戦してきた

前日は夜中まで名護での同窓会
寝不足と痛風発作のダブルパンチで、リタイアも考える状況

とりあえず準備して、朝のフリー走行からタイムアタックを走ってみてから
決勝まで走るか判断することに

最終戦は参戦者も多くてにぎやか

車検待ちの列

フリー走行〜タイムアタック

ツナギを着て、ブーツを履くと
ブーツでいい具合に足首が固定されて逆に痛くない!

シフトダウン(逆シフトなので掻き上げる側)に少し難があるけど
どうにか走れそうなので走行開始

とりあえず様子見しないと、
他車を巻き込んでも嫌なので、控えめに最後尾でコースイン

意外と走れそうなので、そのまま全開でタイムアタック。

何度かシフトミスしたものの、痛みはそれほどではない。

タイムも練習の時よりはアップしてて
25秒台に何周か入っている。

普段よりコンマ5秒とか明らかに遅かったら走るの辞めようと思っていたのですが、そのようなことも無いので、そのまま決勝まで突っ走ります!

※しかしトップ連中のタイムの伸びがエゲツない
去年の最終戦は25秒台でも早い方だったのに、今回ついに23秒に突入!

予選(10周)

いつもどおりスタートで出遅れて
終始ライバルを追う展開で、仕掛けられず

まったくもっていつもの展開。

決勝(15周) 動画あり

今回はスプリント終了後に耐久レースもあるので
スケジュールの関係上、20周ではなく少し短い15周。

スタートして前半は、おじさんずこの距離感でランデブー走行。
前半は予選よりもペースが早いのか、自分の調子が悪いのか・・・

ジリジリと間隔が離れてきてレース中盤には、それぞれ約1秒間隔に
ちょっと焦ってましたが、全くもって仕掛ける距離感にならない

10周を超えたあたりから、前車がペースダウンして2周ぐらいでテールtoノーズに!

インフィールドからタイミング図って、最終コーナーで後ろに付いて
1コーナー飛び込みでパス。

ただ、この後ゴールまでが長かった!

タイム差的にトップ集団にラップされることは想定内
周回遅れのドサクサで抜き返されるのは避けたいので、スパートかけたいところですが、気持ちだけが前にいって、スピードが上げられない・・・

トップ2台はうまい具合に抜いていったので、それほどタイムロスにならなかったけど、もうボロボロ・・・

2019 S1-GPOKINAWA 最終戦

※親川親カメラ

どうにか最後まで走りきりチェッカー

今年最後のレース最後まで走りきりました!

まとめ

レースの順位とか、ランキングとか言える立場ではないのでアレですが
シーズンを振り返ると、第二戦の転倒リタイアが痛かった。

その頃が一番練習してて、ペース的にも25秒中盤でラップし続けれる状態で
レーススタートもうまくいって、前のバイクが遅く感じ「これはイケる!」と思えたのに、レース中盤に差し掛かる前に転倒・・・
シフトペダルが曲がり終戦

毎戦あの状態で走れたら、最高だったのだけど
やはりムラだらけでグダグダ。

今は、燃え尽きて
2年間のフル参戦で
気力も体力も、予算的にも段々とキツくなってきたので
来年の参戦は未定。

もともとアグレッシブな性格でもないので
競技に向いていないのは最初からわかっていた話

いろいろと状況を整えないとです。

コメント