ギターとアンプのジャックを交換。

先日
シールドを挿してもスカスカで手応え無く
ジャック周りに不具合が出てしまったGuyatoneのアンプ

やっと時間ができたので、やっとこさバラしてみました。

ツマミ類を外して

真空管を誤って割ってしまわないように、慎重にバラす

ジャックのプラスチック部分が割れていました。。
だいたい予想してたとおり

中身はスカスカ

入手したジャック。
信頼のスイッチクラフト製。

コードが短かったり
久しぶりのはんだ付けで少し時間が掛かってしまった・・・
ちなみにホコリは後ほどコンプレッサーのエアで吹き飛ばしました
スッキリ!

MUSICMANの方もだいぶジャックの酸化が進んでいます。

こちらも新品のスイッチクラフトに交換。
私にしては比較的キレイにはんだ付けできました。

試奏してみましたが、特に不具合なく感じ。

やはり
時間が経つと見えないところで劣化が激しいようだ
クレーマーの方のボリュームポッドも、全く動かなくなっていたりとか
他にも交換したいところがありますが、時間を作ってゆっくりリフレッシュしますか!

コメント