MacBook Airの容量不足による足かせを「画面共有」で解消してみた

シェアする

私のMacBook Airのストレージの容量は64GBしか無い。

今どき
iPhoneですら、64GBモデルがあるのにwww

笑っちゃうぐらい少ないです(´・ω・`)ショボーン

サブの持ち出し専用マシンだから
音楽は一切入れてないし、データもDropboxに入る程度。

まぁ、それでも
スタバでドヤるぐらいだったら全くもって不自由しません

ただ、やはり写真のデータが入れられないのは痛い。

作業をしていて
「あっちのMacには入っているのに」と思う事もしばしば。

前々から何となくNASにも興味があったのだが、
お金を出すほどの必要性は感じられず、
特に、細かく調べることもしませんでした。


他の調べ物してる間に脱線してwebを彷徨ってると、
画面共有なる機能があるではないか!

スクリーンショット-2013-12-16-22.56.58

 システム環境設定から共有を開き

スクリーンショット-2013-12-16-22.57.12

必要な共有にチェックを入れたら
いとも簡単に、設定完了!

すぐに、リモートコントロール出来ちゃいました。

2013-12-16-23.22.13

 MacBook Airを使い、iMacの画面を操作できます。
ファイル共有だけだと必要なファイルを探しだすのも一苦労ですが

遠隔操作で、Apertureを開けば写真だって
簡単に引っ張り出せます!

コレは便利!

さらに!

6

 iCloudの設定で

スクリーンショット-2013-12-16-22.57.23

 どこでもMy Macにチェックを入れれば、

同じwi-fiネットワークで無くても
ネットにさえつなげれば、出先でも同様に遠隔操作できます!

以前にiPhoneのアプリで
リモートコントロールできる奴を入れた記憶がありますが、
遅いし、画面も小さかったので全く使い物になりませんでした。

でも
これは普通につかえますね(・∀・)

過去にはファイルの共有とか、iTunesの共有とかは
前にも設定して経験がありましたが、
画面共有の存在に全く気づいていませんでした・・・

なんでだろwww

これで外出先でも、
5万枚の写真にMacBook Airからアクセスできます!

すばらしい!