スポンサーリンク

MIDI+Lightroom

Loupedeck Plusが気になる

前から少し気になっていたLoupedeck Plus

Home | Loupedeck Online Store
Loupedeck, the creators of Loupedeck+ and the Creative Tool, custom editing consoles for photo, video and audio editing and design. Discover more today!

詳しくは上の公式ページを見ていただくとして
簡単に説明するとLightroomの調整スライダーを
物理ツマミやスライダーで操作できるコントローラということらしい

Macの使用用途の半分はLightroomでの写真現像な私にとっては
画期的な製品。
うまく使いこなせば、作業の効率は飛躍的に上がるはず!

ただ、レビューを見ると、便利だけど質感イマイチなので
もっと安ければ・・・という声もチラホラ。

価格も34,000円となかなかのもの。。。

私はちょっと躊躇する値段だけど
最近、石垣島在住のお友達が買ったらしい(人柱乙)

調べてみると普通のMIDIコントローラーが使えるみたい。

もう少し調べてみると
Lightroomのプラグイン「MIDI2LR」を使い
普通のMIDIコントローラーのツマミに機能アサイン(割当)して使えるっぽい

※私は昔、音楽をカジッていたのでMIDIと言われて
すぐにピンとくるのですが、それ以外の方は馴染みない用語かもしれませんね。

BHERINGER X-Touch mini


数々あるMIDIコントローラーの中でも
BEHRINGER X-Touchi miniという製品が導入実績が多いらしく
値段もそこそこ。

だけど初期設定でWindowsが必須らしく、その辺が引っかかる
(音楽機器なのにMac対応してないなんて)


Arturia BEATSTEP

次に目についたのはこの製品

こちらも結構利用者が多いらしく
X-Touch miniよりも、ツマミの数が多く使いやすそう。

初期設定にWin必須ってことはないっぽいし
こちらのほうが私の環境にはあっているかも!

まだ時期尚早かな

一番上の Loupedeck Plus は専用品で画期的ですが
まだまだ熟成が必要な予感。

需要があれば、特許とかも関係なさそうなアイディア商品なので
他社が本気で参入すればすぐに価格も下がりそう。

問題はその需要とやらなんですが、どうなんでしょうけど・・・

通常のMIDIコントローラー流用は
手間がかかるので今の所手を付けるのは躊躇する状況
捨てるような値段の中古があれば、手を出してみたい気もするけど

これからこのジャンルの製品がどう推移していくか
興味深くウォッチしてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました