重い重いコンマ一秒

シェアする

今日も懲りずにククル修行

調子が超絶良かった2/20のあと
今月行った2回の練習は、胃痛と背中痛といずれも体調不良。

すっかり良くなって体調万全の本日

狙うはMB−Rクラスの公式コースレコード「25.328」のみ!

気温と路面温度はこんな感じ。

セッティング

去年、エンジンを弄ったあとの走行はすべてデータ取りしてるのですが
だいぶ人間のペースが揃ってきたので、重箱の隅を突くべく
細かくセッティングしていきます

日曜日に、フロント周りメンテしたので、少しは良くなったかな?

1本目

セッティング変更がピタリとハマり
バイクが曲がる曲がる!

体調不良の過去2回と違い、ほぼ全周回で25秒台。

ベストは1本目としては上出来な

25秒49 
一番調子良かった日の1本目より速いです!

これはイケる!

2本目

勢いに乗り
そのままのセッティング走り込み。

途中で雨がぱらつき
走行に全く影響はないものの、これが最後の走行になる可能性もあったので
とにかく戻らずに周回を重ねます

バテたら、間にスタート練習を挟んで、走行時間は無駄にしません

結果全体のペースは向上して、
アベレージは高いもののベストタイムは少し下がって

25秒50
25秒前半にどうしても入れられない・・・

伸び悩む・・・

3本目

どうしても納得行かないので
リアのスプロケを1丁上げて、自己ベスト「25.34秒」を出した時のセッティングに変更・

インフィールドはこちらの方がシックリくる(ような気がする)
コース全体で考えると微妙なところかな。

ロングな方が将来性ありそうな気がするが
現時点ではこちらのセッティングのほうが、リズムが取りやすい

これまでのデータだと
いい走りできるのは2本目、もしくは3本目

それ以降だとバテてしまうので、どうしてもここで一発カマしたい!

頑張りすぎてこんな場面も・・・

結局タイム更新できず・・・ 疲労困憊で ちょっと落ち込む

4本目

流石に疲れてしまい、後片付けをしようかと思いましたが
やっぱり納得いかない。

疲れてどうしても満足に走れないなら、
スタート練習を何度もやるつもりで走行開始

老体にむち打ち、丁寧かつ大胆に攻める
開けるところでは、思いっきり開けることを意識して
なかなかうまくいかないけど、そのまま帰りたくない。

そうしているうちにセッション後半で、だんだんタイムが上がってきた。
25秒前半に入ってきたので、最後に力を絞り出す

絞り出すと言うより搾り出す感覚。

連続して、25秒前半で周回して最終的なベストは

結局レコード更新(自己ベストも)ならず・・・

レコードまで0.09秒
自己ベストまで0.07秒

このあたりに高い壁があるようです・・・・

まとめ

久しぶりに体調バッチリで望んだ走行でしたが
やはり簡単にレコードブレイクできるはずもなく・・・

ただ、全ての走行を過去のデータと見直してみると
ベストタイムで2番目、セッションごとのアベレージで2番目

1日のすべての走行のアベレージでは、今までで一番でした

セッティングの勘違いを正したことにより
めちゃくちゃ曲がりやすいバイクになってきたので、まだチャンスはあるはず

(体重落としたほうが手っ取り早いような気もしてきた)

満足はいかないけど
心地よい疲労感で帰路につきました。

おまけ

柴犬の毛だらけになったマットをガムテで掃除する私ww

PIXTAで写真素材販売中

写真素材 PIXTA

PIXTAで写真素材販売中

シェアする

フォローする