3本のレンガ煙突

シェアする

なぜか惹かれるレンガ積みの煙突。

今年はなぜか縁があるらしく、3箇所行くことができました。

福岡県田川市の、石炭記念公園の煙突

こちらは、炭鉱関連の煙突です。
年末年始の旅行で行きましたが、滞在時間15分
天気イマイチで消化不良でした。

※国登録有形文化財

うるま市平敷屋の製糖工場跡。

先月のツーリングで行きました。
戦争のため4年しか稼働してなかった悲運の製糖工場。
あちこちに銃弾の跡が残っています。

※国登録記念物

渡嘉敷島 阿波連の鰹節工場跡

ビーチの手前にあり、フォトジェニックなレンガ煙突
一部が崩れ落ちて、短くなっています。
傍らに残骸も残っていて興味をそそります。

ただし
完全に煙突として残っている渡嘉敷の奴が残っているためか
こちらの情報はネットには殆ど無く、謎の部分も多いです。

案内板なども一切ありません。

まとめ

3本とも運命はそれぞれ。
田川とうるまの2本は文化財的なものに指定されており
周辺公園整備や案内看板があったりと、自治体の保存の意思が明確ですが
渡嘉敷の煙突は崩れ落ちたままで、案内板などは無し。

観光客の通りが多い小道だけど
あえて崩れた残骸をそのまま残している事だけが
この煙突を忘れ去られたものにしないという人たちの存在を、
静かに感じさせていました