スポンサーリンク

S-1GP Okinawa R3 その2 決勝〜

スポンサーリンク

3・4回目のタイヤ交換

その1より続く

天気が不安定なため、
雨が降る前にお昼休みをスキップしてそのままスケジュールを進行。

空き時間はないけど、予選時にはもう乾いてきていた路面に合わせてドライタイヤに交換

これで今日3回目のタイヤ交換。

何回も交換していたので、当初15分見ていた交換時間が確実に10分ではこなせるようになってきたw

交換してしばらくすると、また雨が降ってきて・・・・

メチャクチャ迷ったけど、結局またもやレインタイヤに交換(4回目)

その時点で前2人はドライタイヤ
後ろ3人はレインタイヤ。

晴れたらどのタイヤ履いていても、前に勝ち目はない。
でも降ったらワンチャンある!

ギャンブルと言えばギャンブルでしたが、結果的に後ろ向きの選択でした。

後から思えばやはり正当法で前に行くことを考えるべきだった・・・

決勝スタート

スタート時の路面は完全ドライ。
タイヤ選択は完全に失敗。

スタートで前に出られ

完全ドライ路面でレインタイヤを履いたのは初めての経験。
最初は手探りでの走行。

ドライの前2台は逃げていく。
レインタイヤ2台での争い。

後ろからもドライタイヤ装着マシーンにせまられる・・・

自分の中ではまだ10周ぐらいしか走った感覚はなく
トップのクウリが段々と後ろに迫ってくるのは確認してた

突然に降られるチェッカーフラッグ。。。。

そんなはずはないのに色々勘違いしてしまい・・・

顛末は動画でww

レースの顛末は視点が違うこの3本の動画で。
最後の一周に注目www

1コーナー側から。

1ヘア側

ピットロード目線(めちゃくちゃアナウンスが聞こえる)

一応3位でチェッカー。

前回のマルチフィールドでも同じタイミングでチェッカー受けた経験と、最近のMotoGPでのアレイシ・エスパロガロのチェッカー勘違いの記憶が新しかったので、途中で気づいてスロットルを開け続けました

ファステストクラス

通常はこれで走行終了ですが、各クラストップ3台に出場資格があるファステストクラスにも記念で出ておく。

ドライタイヤでドライ路面走って、一日の憂さ晴らしもしたいしね。

ということで本日5回めのタイヤ交換www

からのファステストクラススタート

後ろの方からそろそろとスタートしたのだけど、一周目で誤ってキルスイッチに触れてしまい、エンジンが止まってしまって終戦

あとは気持ちよく走ろうと思ったけど、最終コーナーのレコードライン上に転倒したバイクからの液体(おそらく冷却水)が川になってたので、一番気持ちよく加速するポイントでラインを変更しなければならなかったので、何だかフラストレーションが溜まってしまいました。

最後は普通にチェッカー。

なんだか急にどっと疲れが出てしまいました・・・

表彰式

色々ありましたがとりあえず結果は3位。

課題は多いですが、表彰台を楽しみました。

いろいろストレスマックスな日々で、イマイチテンションは上がりませんが、次は8月マルチフィールド。

メンタルに尻叩いてがんばります

S−1GP Okinawa R3参戦

コメント

タイトルとURLをコピーしました