耐久のデータを検証

シェアする

facebookに運営の嘉数さんが
データを上げていたので見返してみた。

※正式結果はこちら
マシンごとのハンデがあるのでその分も含めた最終順位です。

私が走らせてもらった「チーム東海」使用車両はNSF100トロフィー仕様。
一番マシン的に不利なノーマルスクーターに対するハンデは26周。

11位でした。

ラスト20分ぐらいからの
「ベストポジションvsチーム松田A」
同一周回でのトップバトルは見ていて楽しかった!

※こちらがハンデなしの実周回数。

実質7位。
スタート10分後、
転倒修理で5分ほどタイムロスしているはずなので
タラレバですがそれがなければグロスで5位の可能性もあったかな。

そういうトラブルの話をすると
すぐ上のEast-Westさんとこの方がロスは遥かに大きいのだけどw

面白いのはベストタイム。
耐久レースなので全体的にタイムは遅めなのだけど

その中でも
一番周回しているPRDレーシングデザインさんのベストラップが
意外なほど伸びてない。
実力者でメンバーを固めて、耐久走りを徹底してこの結果なのか。
さすがです!

上位5台は順当に速いけど
シャイニングさん(おそらく忠太郎)のタイムも微妙(本人体調悪かったらしいです)

うちは鈍足28秒台だけど
淡々と周回を重ねたのが良かったのでしょうか。

パワーの無いマシンの走り方がマスターできず
練習でもタイヤ温めてる時の流した時のようなタイムですが
転倒も無かったですし、最低限の走りはできたかな。

個人的予想では
East-Westがハンデの大きさ(-30周)をものとせず
優勝すると予想してましたが、そう上手くはいかないのが
耐久レースなんでしょうね。

PIXTAで写真素材販売中

写真素材 PIXTA

PIXTAで写真素材販売中

シェアする

フォローする